日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  日本の政治

戦闘中の機雷掃海は戦闘行為

昨日の党首討論で集団的自衛権の行使を含む安全保障法制の議論が実質的に始まりました。
昨日の安倍総理と民主党岡田代表の討論で明らかになったことで私が極めて重要だと思う点を1つ書きます。

他国の領土領海領空において「一般に」海外派兵、武力行使をしない、との安倍総理の答弁でした。
しかし、「一般」の外側に機雷掃海がある、と。

今回の集団的自衛権行使の例として、ホルムズ海峡における機雷掃海が何度も安倍総理から挙げられています。
ホルムズ海峡はイラクとオマーンが中間線で分け合う両国の領海内です。
領海内での戦闘中の機雷掃海は、国際法では戦闘行為、戦争行為と見なされます。つまり、他国からは日本が戦争に加わったと見なされるのです。
この点を岡田代表から問われても安倍総理は明確に否定しませんでした。
この戦争行為に加担する余地を含んだ安倍政権の安全保障関連法案、じっくり時間をかけて問題点を徹底的に正していかねばなりません。
[ 2015/05/21 09:53 ] 日本の政治 | TB(-) | CM(0)

安全保障関連法案について

5月14日安倍内閣が集団的自衛権の行使を含む安全保障関連法案を閣議決定しました。

私は今回の安全保障関連法案は、その内容も審議の進め方も極めて問題が大きいと考えます。安倍政権の言うとおりに法律を変えさせてはなりません。

私は政治家を志して18年、国の守りについては積極的に取り組むべき、と申し上げてきた政治家です。我が国の独立、平和と安全を維持し、国民の生命・財産・基本的人権、領土・領海などを他国からの不正の侵害から守るために、専守防衛に徹しながら日米同盟を深化させ手立てを尽くすことをこれまでも主張してきています。国連平和維持活動や人道支援、災害救援、海賊対処等の国際平和活動については積極的に取り組むべきです。他国軍支援については我が国の経験や知見が乏しくケースバイケースで慎重に対応すべきと考えています。
[ 2015/05/15 10:42 ] 日本の政治 | TB(-) | CM(1)

当面する政治課題その4 地方再生

最後に地方再生についても述べたいと思います。

私は「北九州の元気を日本の元気に」をスローガンの一つに掲げています。地域のことは地域で決める。本当の地方分権で地方再生を図りたいという思いを込めています。
[ 2014/12/10 05:00 ] 日本の政治 | TB(-) | CM(0)
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -