日本再新 - 衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  文部科学委員会

加計学園問題(文部科学省・農林水産省への愛媛県文書の確認)質疑議事録速報

去る4月13日の衆議院文部科学委員会で質疑に立ちました。
質問の一つは、加計学園問題、
首相官邸の関与を示す愛媛県文書の確認を文部科学省と農林水産省へ行うことでした。
文部科学大臣と農林水産副大臣からそれぞれ調査を確約する旨の答弁を得ています。
以下具体的にご覧ください。


平成30年4月13日 衆議院文部科学委員会議事録速報

○冨岡委員長
次に、城井崇君。
○城井委員
希望の党の城井崇でございます。
引き続き、質問を申し上げたいと思いますが、私からも加計学園の問題について、残念ながら触れざるを得ません。
先ほどより質疑のやりとりがございましたけれども、二〇一五年の四月の二日、首相官邸における柳瀬元総理秘書官、藤原元内閣府次長と、愛媛県の地域政策課長、今治市企画課長、加計学園事務局長らの面談記録の文書についてであります。
内閣府、文部科学省、そして農林水産省に配付されているという報道がございました。愛媛県知事もこの文書作成の事実を認めているということで、大変重い発表があったというふうに思っております。
まず、本日の報道ということで先ほどからございましたが、私からも、何点か確認とお願いをさせていただきたいと思います。
農林水産省、きょうは副大臣にお越しをいただきました。朝早くからの御連絡で恐縮でしたけれども、よろしくお願いします。
まず、先ほど、閣議後の記者会見で、齋藤農水大臣から、この文書に関する発表、公表があったというふうに伺いました。先ほど農林水産省の事務方の方からも、この発表した内容について詳細を伺ったところでございますが、その点についても何点か確認をというふうに思います。
まず、これまでにも文書を入手あるいは確認したメディア、例えば朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などから全文の掲載の報道がありましたけれども、これまでの報道のあった全文と同一の内容だったということでよろしかったでしょうか。
○礒崎副大臣
先ほど、農林水産大臣の記者会見で、農林水産省において、愛媛県庁が作成して各省に配付したと言われている文書について、発見をした旨を報告させていただいたところでございます。
御質問については、それが従来報道されているものと同じかという御質問だと承りましたが、重大な違いが二点ございまして、これまで出されている文書は平成二十七年四月十三日付でありましたけれども、農林水産省で保存していた文書は平成二十七年四月三日のものでございました。
それから、若干のてにをはの訂正もありますが、大きい二番が大きく変わっておりまして、二番、ちょっと読み上げますと、ついては、県としては、国家戦略特区申請のための提案書(案)について、今治市の意向を踏まえて、加計学園とも協議をしながら連携して作成を進め、内閣府と相談させていただきたいという内容になっておるところでございます。
以上です。
○城井委員
もう一点、この公表文書について、内容の確認をさせてください。
今ほど御紹介いただいた全二枚目のメモのうちの二枚目でございますが、この中に、本件は首相案件との記載があるということでよろしいでしょうか。
○礒崎副大臣
お答えいたします。
先ほど御答弁申し上げたように、先ほど私が申し上げた点以外は報道されている文書と同じものではございますので、首相案件という記載はあります。
○城井委員
ありがとうございます。
もう一点、先ほどからの質疑のやりとりで、農水省から審議官さんにお越しをいただいた質疑が先ほどございました。その中で、この農水省からの説明にもございますけれども、実際に、職員一名、課長補佐級の方が持っていたということだったんですけれども、その持っていた方は前任者からこの資料を引き継いだというお話でございました。しかし、その前任者は引き継いだ記憶がない。
こういう話になっておりまして、どっちなんだ、どっちが本当なんだということでありまして、どちらかが真実ではないことを言っているんではないかという部分。
この入手やそして資料の共有、保管の経緯について、改めて農林水産省として調査をいただきたい、政務三役として、これは調査を指示していただきたいというふうに思いますけれども、この点、調査いただけますか。
○礒崎副大臣
事実は、まず担当課長補佐がそういう文書があったことの記憶がないと言っておるわけでありまして、その担当補佐の後を継いだ担当補佐は引き継ぎというか文書として引き継いだ記憶があると言っておるわけで、別に矛盾はないと思います。記憶があるかどうかの問題だけで、最初にこの文書が来たときの担当補佐は、そんな文書があったことも、それを後任に引き継いだ記憶がないと言っているだけでありまして、後任の人は、その文書を引き継いだ記憶があると言っていることで、記憶の問題だけでありまして、何も矛盾があるとは考えておりませんので、その調査は私は必要ないと考えております。
○城井委員
副大臣、今回のこの公表いただいた文書の入手の経緯が明らかになっておりませんで、ここの部分をお調べいただきたいとお願いしておりまして、この入手の経緯のところをぜひお調べいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
○礒崎副大臣
その点でありますれば、もちろん調査はいたしますけれども、さきおととしのことでございまして、そのときの、文書を受けたであろうと思われる担当課長補佐も、この文書に全く記憶がないと言っているわけでありまして、だから、誰が持ってきたのかよくわからない。
ただ、経緯とすれば、これは愛媛県の地域政策課というクレジットが、愛媛県とは書いていないんですけれども、地域政策課というクレジットが書いたものを持ってきて、かつ、これが、外形上は愛媛県の文書のようにも思えますので、愛媛県庁の職員が持ってきたのではないかという推定はできます。
記憶がないというのは、我々ももちろんきちんと聞いているわけでありますけれども、なかなか呼び起こすのは難しいかなと思いますけれども、御指摘もありますので、もう少し、記憶が呼び覚ませるものかどうか、努力はしてみたいと思います。
○城井委員
副大臣からも今お話がありましたが、愛媛県の職員さんが持って回ったんだろうということでありますけれども、その愛媛県の方に、では、どちらのどの方に持っていきましたかねということを確認することも含めて調査いただければ、真実は、事実ははっきりするというふうに思いますので、この入手の経緯について調査をぜひお願いいたします。やっていただけますよね。
○礒崎副大臣
愛媛県の方には確認をしてみたいと思います。
○城井委員
では、調査、よろしくお願いいたします。
この文書でありますが、先ほど申しましたように、内閣府と文部科学省にも配付されている、こういう報道でございました。
文部科学省であります。大臣、きょうまで見つかっていないんですよね。
○林国務大臣
先ほどの答弁に重なりまして恐縮でございますが、御指摘の面談記録の文書の有無について、現在、文科省において確認作業を進めておるところでございます。
具体的には、高等教育局を始めとする関係部局において、共有ファイル及び共有フォルダを探索するとともに、関係者に対するヒアリングによりまして、個人ファイル等を含めて、当該文書の存否を確認しているところでございます。
まだ私のところに報告は上がってきていないところでございます。
○城井委員
文部科学省内での調査の対象となり得る方ですけれども、担当課を含めて、そんなに人数は多くないというふうに思うんですね。
実際に、今回の対象者、今、調査対象の人数はどれぐらいになっていますか。
○林国務大臣
ちょっと人数は、今すぐ手持ちがございませんが、共有ファイル等探索範囲は、専門教育課、高等教育企画課、私学行政課、総務課行政改革推進室、また、聞き取り調査の対象者は、平成二十七年四月以降の高等局長、審議官の高等教育担当、私学部長、高等教育企画課長、専門教育課長、私学行政課長、総務課行政改革推進室長等となっておりますので、かなりの範囲に及ぶものというふうに承知をしております。
○城井委員
本日の理事会では約五十名という報告でございました。この五十名ですが、確認済みの、現時点の状況、どのぐらいの割合まで今調査が進んでおりますか。
○林国務大臣
申しわけございません。まだ、今、その詳細な報告は受けておらないところでございます。
○城井委員
これはいつまでに国会に対して御報告をいただけますでしょうか、大臣。
○林国務大臣
これはなるべく早く行いたいというふうに思っております。
○城井委員
行政の信頼性にかかわる重要な部分だというふうに思っておりまして、この点をクリアしないと、なかなか次の国会審議、前へ進んでいくことが難しいというふうに私どもも考えておりますので、ぜひ、一日も早くということで、時期のめどを一言はっきりとおっしゃっていただけないでしょうか。
○林国務大臣
理事会で御説明をしたようでございますが、懸命に今調査をして確認中でございます。調査対象者は五十人ぐらいおるということで、中には在外の者もおる、こういうことでございますので、なるべく早く確認したいと思っておりまして、今のところ、来週の早い段階で報告したいというふうに申し上げておるところでございます。
○城井委員
一日も早い報告、ぜひお願いしたいというふうに思います。
この件でもう一点だけ確認をさせてください。
二〇一八年の四月十二日、私が見たのは東京新聞の報道でございましたが、二〇一七年の三月に官邸側から文部科学省に、近く今治市などが官邸訪問するとの連絡があったと報道されております。これは文部科学省関係者への取材だというふうにこの記事ではなっております。
先ほど大臣は、この件は事実関係を確認中ということでございましたけれども、この報道自体の内容は事実でしょうか、誤報でしょうか。ここを端的にお答えいただけますか。
○林国務大臣
今御指摘のあった報道については、まさに今現在関係者に事実関係を確認しておりますので、その確認ができませんと、報道が正しいかどうかというのは申し上げにくいことだと思います。
○城井委員
では、その中身のところで一点だけ確認をしたいというふうに思います。
官邸サイドから文部科学省に連絡をしたのは内閣官房に出向していた文部科学省の幹部だという報道でございました。このときに内閣官房に出向していた職員の方はどなたで、当時の役職は何だったでしょうか。
○林国務大臣
ちょっと御通告がなかったものですから、手元に資料がございませんが、そのことも含めて今事実確認をしておるところでございます。
○城井委員
調査の上で御報告をぜひあわせてお願いしたいというふうに思います。
[ 2018/04/17 19:01 ] 文部科学委員会 | TB(-) | CM(0)

石破4条件をクリアしているか

20171115文部科学委員会001-2

11月15日午前、衆議院文部科学委員会に出席しました。
委員会出席自体は約5年ぶりでした。
加計学園の獣医学部新設の件を中心にした質疑。
質疑で感じたことを書きます。

200億円にのぼる税金投入が見込まれる今回の獣医学部新設が
「特区での獣医学部設置を認め、文部科学省に獣医学部設置の特例を認めさせるための4つの条件」、
いわゆる「石破4条件」(写真参照)をクリアしているかという点に関心を持って審議を見守りました。

23517814_1412052505559101_4498064345814282367_n.jpg

この日の政府答弁を聞く限りでは、
1番目の条件である
「現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化し」
の部分がまずクリアできていない状況でした。
事前の質問通告があったにもかかわらず、
構想が具体化したということを確認した実際の日時や会議体、構想資料などを確認する基本的な質問に政府が答えに窮しており、
何度も質疑を止めて政府の答弁整理を求めなければならない事態となっては条件クリアへの明確な答弁とは到底言えません。
ここまで様々な質疑の場があっての今日の場だったと思っておりましたので明確な答弁がないことをとても残念に感じました。
2番目の「新たに対応すべき具体的な需要」
(裏付けとなるデータや根拠がはっきりしていないのです)、
3番目の「既存の大学・学部では対応困難な場合」(既存の大学や学部でも対応できる趣旨の答弁も政府参考人(官僚)からありました)
も含めて、4条件がクリアできているか、
大学設置認可を所管する文部科学委員会と特区制度を所管する内閣委員会の連合審査を改めて開いて国民に対して決定過程を透明化すべきだと感じました。

20171115文部科学委員会002-2
[ 2017/11/15 16:19 ] 文部科学委員会 | TB(-) | CM(0)

文部科学委員会

11月7日 文部科学委員会に出席し、委員長代理も務めさせていただきました。
121107_文部科学委員会
[ 2012/11/08 18:32 ] 文部科学委員会 | TB(-) | CM(0)
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -