日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  日々の活動 >  きいたかし向春の集い2011ご参加ご協力の御礼

きいたかし向春の集い2011ご参加ご協力の御礼

去る3月5日18時から北九州芸術劇場大ホールにおいて後援会主催で
「きいたかし向春の集い2011」を開催していただきました。


土曜日の夕方という多忙な時間にもかかわらず、
約1,200名にも及ぶたいへん多くの皆様にお越しいただきました。

ご参加・ご協力いただきました皆様には、この場を借りて改めて感謝申し上げます。

私からは、ご参加の御礼とともに、以下のようなお話を申し上げました。


・ご参加ご協力の御礼と日頃のご支援御礼。苦しい中だからこそ、ご支援が痛いほど身にしみる。ただし、本当に苦しいのは、我々政治家ではなく国民の皆さんなのだ、ということを忘れてはならない。

・国政復帰から約1年半、お約束通り、皆様の声を肝に銘じ、現実の政治と取っ組みあってきた。

・私は、衆議院予算委員会理事として、来年度予算案の審議とその打ち合わせ・根回しその他の取り組みに、
この一カ月早朝から深夜まで連日臨んだ。さまざまなご意見をいただくが、
皆様の生活を守り、日本経済の元気を作るために、
予算案審議を「政局」と絡めることなくしっかりやって一日も早い来年度予算の成立、執行を行うべき。
理由に関わらず、いやしくも予算案や予算関連法案を「人質」に取るべきではない。

・その上で、増える医療・介護等の社会保障費用、大幅に減った税収、限界が近づく国債発行、
揺らぐ外交・安全保障などのことを考え、以下のことを心の指針として行動・発信している。

・政治家・官僚がまず自ら身を削る覚悟をもって具体的に取り組むこと。
衆議院80、参議院40の議員定数削減、企業団体献金廃止と個人献金の促進策充実、国家公務員総人件費2割削減は当然実行。

・経済成長につながる新産業育成に重点化しつつ、ものづくりや物流など既存産業の下支えをして税収増につなげていくこと。

・ムダづかい見直しを徹底すること。事業仕分けで見つけたムダづかいの手口に切り込み、同じようなムダづかいを見直す「横串」をしっかり刺すのはこれから。

・年長者のご家庭や子育て家庭の苦労に思いを致しながら、社会保障と消費税を含む税制全体の一体改革をやりきること。
景気を冷やすことなく、負担はできる限り公平に、できれば負担できる方にもうひと押しお願いする気持ちを大事に。
何としても、少子高齢化問題を克服して、新たな成熟社会のモデルを世界に示すべく全力を傾ける。

・外交・安全保障政策は、党派に関係なく我が国の国益を第一に手立てを尽くす。
他国が日本を敵にしては損だと思うように、精強な自衛隊、強力な日米同盟を背景に安全保障協力を各国と進めることに尽力する。

・以上を踏まえ、これまでのマニフェスト政策を検証して、見直すべき部分を見直す。「政局」に振り回されず、国民生活の現状としっかり向き合うことが非常に大事。

・いずれにせよ、国民の方を向いて全力で働く国政にせねばならない。
与野党での足の引っ張り合いや党内での内輪もめに終始していては、国民の方を向いているとは言えない。
政治とカネの問題についての説明責任を果たして「けじめ」をしっかりつける。
前原大臣もこの点にしっかりご対応いただけると私は固く信じている。
その上で、わが国を魅力的かつ他国が憧れる存在にしていく努力を国政の場で引き続き最大限させてもらいたい。

・そのために必要ならば自ら立ち位置を切り拓いてでも頑張りぬく覚悟で働く。
国政は緊迫している。もちろん私自身も永田町のど真ん中で腹の立つことも多いが、
皆さんからの厳しい声、温かい期待にこたえるには、軽々に策謀に乗るわけにはいかない。
皆さんのお役にたてるように、ぶれずに、謙虚に、王道を進みたい。

・皆様の今後とものご支援をお願いさせていただきたい。


また、地元の北九州シティオペラの皆様に演奏をしていただき、
ゲストとして、前原誠司外務大臣(当時)および北橋健治北九州市長にお越しいただきました。

また多くの地元議員の仲間や支持者・支持団体の皆さんにもご参加いただきました。
本当にありがたいことだと思っています。

皆さまから頂いた激励を力に変えて改めて頑張っていこうと思います。
[ 2011/03/09 12:30 ] 日々の活動 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -