日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  文部科学大臣政務官 >  政務官としての取り組み報告 その1(期間、担当、法律)

政務官としての取り組み報告 その1(期間、担当、法律)

文部科学大臣政務官としての取り組みについて数回に分けて報告したいと思います。
今回は在任期間と担当、成立に関わった法律です。


1 在任期間と担当

393日間、主に教育とスポーツを担当

(1)在任期間:平成23年9月5日~10月2日
(2)担当:教育(幼保一体化を除く)・スポーツ。税制、国際、政策評価、党・国会対応、地方からの要望対応。



2 成立に関わった法律

(1)著作権法(24年6月20日成立、6月27日公布、10月1日施行)

著作物等の公正な利用や適切な保護に資するために、「写り込み」について形式的には違法となるものについて著作権等の侵害とならないことを明確にすること、私的使用目的であっても、暗号方式による技術的保護手段の回避により可能となった複製をその事実を知りながら行う場合には、民事上違法となる著作権等の技術的保護手段の規定等を整備。あわせて、違法ダウンロードを行うことにより著作権又は著作隣接権を侵害する行為を防止するため、違法ダウンロードの刑事罰化(親告罪)の規定を整備。

<参照>改正法の概要:http://www.bunka.go.jp/chosakuken/24_houkaisei.html


(2)劇場、音楽堂等の活性化に関する法律(24年6月21日成立、6月27日公布・施行)

実演芸術の拠点となる劇場や音楽堂に「劇場、音楽堂等」という法的な地位を与え、国や地方公共団体による施策の実施や支援、予算措置の対象とするとともに、専門家を配置して実演芸術に係る公演の実施、普及啓発、人材の育成を行い、「劇場、音楽堂等」を拠点とした文化芸術振興を行うことで、心豊かな国民生活、活力ある地域社会の実現及び国際社会の調和ある発展に寄与するもの。


(3)就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律(24年8月10日成立、8月22日公布)

社会保障と税の一体改革の一環として、認定こども園制度を拡充し、満三歳以上の子どもに対する教育及び保育を必要とする子どもに対する保育を一体的に行う幼保連携型認定こども園に関する制度を創設。


(4)古典の日法(24年8月29日成立、9月5日公布・施行)

国民が文学や音楽、美術などの古典に親しむ環境を整備するため、11月1日(「紫式部日記」の1008年11月1日の記述に「源氏物語」に関する最初の記録があるため)を「古典の日」(祝日にはしない)とする。
[ 2012/10/03 14:35 ] 文部科学大臣政務官 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -