日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  北九州市の改革 >  取り組み成果報告北九州市編 その2

取り組み成果報告北九州市編 その2

取り組み報告北九州市編その2です。

今回は、「北九州活性化へインフラ整備」です。



北九州活性化へインフラ整備

アジアの玄関口としての特性を生かして北九州活性化を果たすべくインフラ整備にも力を入れました。

・北九州空港の機能拡充

 平成22年度予算で前原誠司国土交通大臣(当時)に強く要請し、北九州空港の地盤改良100億円を含む関門航路関連予算220億円を与党議員として獲得しました。また、貨物便の集積、国際便の就航などの支援にも尽力。滑走路延伸、航空機産業をはじめとした産業誘致など、利便性を上げ産業振興を図ることによって、西日本唯一の24時間運用可能な空港の利点を最大限活用します。


・関門航路及び北九州港の整備促進

 アジア各港を見据えた国の支援を集中する「日本海側拠点港」の指定を勝ちとりました。海運振興、航路・港湾の整備・設備更新を促進します。

 予算獲得に地元代議士として尽力。政権交代後の関門航路整備の予算獲得額は平成22年度が約220億円、平成23年度が約70億円、平成24年度が約91億円。(政権交代前の平均予算額は約70億円)地元経済の下支えに一役買ってきました。最近では、田野浦・太刀浦コンテナターミナルのガントリークレーンの設備更新、コンテナ置き場の拡張整備などを実現しました。


・紫川・東谷川など河川事業の推進し、災害対策の予算を獲得

 ここ数年の豪雨災害の被害を最小限に抑えるべく、紫川・東谷川を中心に北九州市や福岡県と連携して迅速な護岸工事の実施など、災害対策にスピード感を持って取り組みました。

 また、小倉北区の旦過市場の豪雨対策・建て替えも国の立場から国土交通省との交渉などを支援しています。


・東九州自動車道の早期整備

 苅田・北九州空港インター以南のルートについてミッシングリンクの解消を図り東九州の経済・物流活性化へつなげるべく、整備を急ぎます。


・一般国道3号線黒崎バイパスの建設促進

 この3年間も国の予算をしっかり確保し、完成まであとひと押し。黒崎駅前の渋滞解消に引き続き頑張ります。


・新若戸道路の開通

 2012年9月に開通にこぎつけた新若戸道路。この3年間も開通に向けた国の予算獲得に全力を挙げました。これからの産業振興、地元の道路渋滞解消に貢献します。


・第二響灘大橋(仮称)の整備

 エコタウンや大企業が集積する若松区響町。交通のボトルネック解消のため、港湾事業で2本目の橋を整備する予算を獲得しました。この橋は、整備効果が大きく、周辺地域への企業進出、既存企業(ブリジストンなど)の追加投資を後押ししています。


・小倉地区の中心市街地の活性化の推進

 魚町、京町、旦過市場、小倉駅北側などをはじめとした小倉地区の中心市街地活性化を国、特に経済産業省との連携の下で全面支援しています。

 10月には本多平直経済産業大臣政務官の小倉視察に同行、今後の活性化への国の継続的かつ面的な支援を要請しました。


・北九州港の活用につながる内航海運振興


・環境にやさしい公共交通利用促進に向けた支援充実


・コンベンション・イベント誘致の支援

 2013年に市制50周年を迎える北九州市、2012年のプレ事業を初め、多くのイベントが開催されました。「青年会議所の全国大会」や61万8千人が参加した「B-1グランプリ」を始め、「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」最終年会合などの国際会議の誘致も積極的に行い、ソフト事業でも地域活性化のお手伝いをしました。
[ 2012/11/23 05:55 ] 北九州市の改革 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -