日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  日々の活動 >  きいたかしサロン(8月9日)の報告

きいたかしサロン(8月9日)の報告

去る8月9日に「きいたかしサロン」という名前でざっくばらんな懇談会を開催していただきました。
私個人の政治活動を支援いただいている「きいたかしワンコイン維新くらぶ」の主催。
たくさんの皆様にご参加いただき感謝です。
私からは、日頃の活動内容、安保法制の課題と対案、労働者保護ルール改悪への対応と対案について簡略にお話ししました。
ここでは、その後の意見交換で参加者からいただいたお話の概略をご紹介したいと思います。

・日本の元号は天皇が決める方向へ法律改正すべきと考えるが城井さんの考えは?

・安保法制。二度と戦争はしてはならない。法曹の仕事をする自分から見ても法案はめちゃめちゃ。法的安定性もない。60日ルールあるが、その後の対応をどうするのか。廃止法案を出すか。

・「ワンコイン維新くらぶ」の「維新」の名称が紛らわしい。

・野党再編、第2勢力をどうつくるか。自民政権暴走の体たらくはあるが、民主党も一因である。

・今後そういう立ち位置、どういう考えで行くか。また、この会合の8月9日開催を選んだ理由は。

・参議院の議席、都道府県代表が必要なのでは。18歳選挙権へどう対応するか。浮動票への対応も。参院選への戦術をよく練って。

・高齢者にも格差が広がっている。介護保険の負担増への反発の声を現場でよく聞く。介護報酬も引き下げで、利用者の選択肢減っているのが現場の実情だ。

・若い人が政治を変えないと。安保だけが課題ではない。

・自民支持だったが、安保法制反対は言わないといけない。もっとがんばれ。

・民主党の主張が見えにくい。反対のための反対に見える。現実として国を守れるのか。まず憲法をやり変える必要があるのでは。攻撃は戦闘がないところでも起こりうる。

・安保法制は憲法違反。集団的自衛権の解釈改憲がそもそも無理。

・昔と異なり、頑張っても報われない人が多い。先の見通しの立たなさが一因。働く人が見通しが立つようにして。とくに若い人。20年から30年先の日本の姿を政策で見せて。特に、高齢化・少子化、人口減少への対応。

・勉強がてら参加。

・誰のための集団的自衛権か。米国だ。法律をきちんと改正するのが筋。

・TPPのポイントは医療。医療保険が破たんしているから介護保険の導入につながっている。TPPが医療に入ってきて任意保険を押し付ける。年金は国家的詐欺。グローバル化は、多様性の文化の許容が前提のはずだ。本来日本文化は格差是正の方向。

・日本が自らを守らねば。自民も民主も対米追従。

・大学について。国立も独立して大学法人化。さらに数が減少する話に。大学生のレベルも下がっている。どうにかせねば。


以上が発言の概略です。それそれに私からもご意見を申し上げ、意見交換を続けました。
次回の「きいたかしサロン」は10月17日の予定です。改めてお知らせ申し上げます。
[ 2015/08/17 11:27 ] 日々の活動 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -