日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 元衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  日々の活動 >  日田市で災害ボランティア(報告)

日田市で災害ボランティア(報告)

7月16日、九州北部豪雨災害に見舞われた大分県日田市へ災害ボランティアに伺いました。
以下簡単にですが報告をさせていただきます。

今回の災害ボランティアでは、
奉仕団体の仲間と当初福岡県朝倉市に向かう予定でしたが、
受け入れ調整の関係で日田市へ向かうこととなりました。
日田市の山間部の地区に到着、サテライトにてボランティア登録。
ボランティア保険は事前に入ってから参加しました。

19990342_1305211689576517_5290770709675436725_n.jpg
具体的な作業は、主に電器店の泥のかきだしでした。
トイレに流れ込んだ泥の撤去、倉庫に流れ込んだ泥の撤去、店舗兼住居の周辺の泥やがれきの撤去、
土砂で埋まった周辺の溝の掘り出し、泥まみれの車両の洗浄などでした。
私はまず泥が押し寄せた倉庫の部品棚の泥をかき分けて部品を取り出す作業から。
やわらかい粘土質の泥に埋まった細かい部品を取り除くのはなかなかに骨の折れる作業でした。
取り出した部品はお店の方が順次洗っていきました。

20106442_1305211716243181_8990939354807864944_n.jpg
押し寄せた泥を土のう袋へ入れていきます。
入れ過ぎると持ちあがらないのでほどほど入れて処分場所へ運びます。

20106604_1305211756243177_7890069490907345101_n.jpg
作業地域の近くにあった日田英彦山線の踏切です。
流木やガレキで線路がふさがれています。

20139766_1305211799576506_4679539855235773799_n.jpg
作業スタート前の私。長袖、丈夫な手袋は必須。この後、泥だらけ、汗まみれに。

19990594_1305410619556624_5313473367076697618_n.jpg
建物の周囲の溝を掘り起こしていきます。
スコップでの掘り起こし作業は、かなり腰にきました。
炎天下での作業は30分に一度休憩をはさみながらでなければ続けられないのが実際でした。
水分と塩分の補給をこまめにしながらなんとか作業をやり切りました。

19989743_1305410696223283_8722598895367636453_n.jpg
泥にまみれたバイクを高圧洗浄しました。
駐車場の車両はかなり遠くまで流されてしまったとのこと。

19989775_1305410759556610_3164278693613059657_n.jpg
日田市での災害ボランティア終了。
民家の片付けに少しでもお役に立ったならば幸いです。

その他、苦労したのはお昼ご飯。
持参したのですが、現地で数時間炎天下の車の中に置いておくと高温にさらされて傷んでしまいます。
持参する時の工夫が必要です。

水害からの復旧と復興の作業は息の長い取り組みになります。
これからも様々な形で一日も早い復興を目指して支援を続けていきたいと思います。
まずは政府による激甚災害指定を急ぐことが必要です。
この指定によって復旧・復興に関わる費用が国家の支出となります。
この指定がなければ、被災自治体は自ら借金を抱えて復旧・復興にあたらなければならなくなります。
被災自治体がためらいなく復旧・復興作業を急ぐために必要な国による支援です。
国会の仲間を通じても必要な支援を急ぐよう、具体的な提案や取り組みを続けていきます。
[ 2017/07/19 11:25 ] 日々の活動 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -