日本再新 - 衆議院議員 きいたかし ブログ -

世の中の出来事に対して一言。 日々の活動日記も。
日本再新 - 衆議院議員 きいたかし ブログ - TOP  >  日本の政治 >  「9月入学・9月新学期」案の想定シナリオと論点整理

「9月入学・9月新学期」案の想定シナリオと論点整理

4月27日、国民民主党文部科学部門9月入学検討ワーキングチームの初会合を開催しました。
この日は想定シナリオとメリット・デメリットの論点整理を参考に議論しました。

新型コロナウイルスの影響を受けた子どもたちの学びの継続と遅れの取り戻し(キャッチアップ)に学事暦の後ろ倒しを本格的に検討、政府に提言します。
合わせて、学校教育・対面指導と同様にオンライン教育などEdtecの活用も併せて本格活用する環境整備を急ぐことも提言に盛り込むべく仲間と議論しています。

以下は私から示した想定シナリオです。これも含め議論しています。

いわゆる「9月入学・9月新学期」を実施する場合の想定シナリオ

1. 今年 2020 年 9 月スタートとして、当該学年を再スタートさせる。2020 年 8月末までをその準備期間とする。

2. 来年 2021 年 9 月スタートとして、2020 年度を 17 ヶ月とする。学びの遅れを取り戻すため 2020 年度のカリキュラム等を弾力運用とする。

3. 2020 年度の全ての学生を原級留置、来年 2021 年 4月再スタートにする。
(全ての学年を留年する)2020 年度はその準備期間とする。

4. 学事暦を変更せず、集団免疫獲得見込みのこれから 2 年間を目途に 2 学年分の学習指導要領やカリキュラム等を弾力運用可能とする。

5. 学事暦を変更せず、現行日程のまま支援策の充実で対応する。


20200427いわゆる「9月入学・9月新学期」を実施する場合の想定シナリオ(衆議院議員城(1)

9月入学の主なメリット・デメリット等-2
[ 2020/04/27 18:39 ] 日本の政治 | TB(-) | CM(2)
9月入学に関して
9月入学に関する記事を拝見しました!

私は2021年の小1について心配をしております。
9月入学によって、2014年4月生まれ~2015年8月生まれの17か月分の子が一気に2021年9月に1年生になってしまうと、学年人数が膨大になってしまいます。教職員や教材の不足、また将来の受験や就職の激化を懸念しております。

小2~大学4年までの部分についてはあちこちで議論されていますが、ひずみが生じるのは入口である年長→小1の接続部分です。

現在はどの党・どの専門家の方もあまり考慮されていないようで、とても心配です。9月入学の詳細を検討する際には、ぜひご一考ください!
[ 2020/04/28 19:18 ] [ 編集 ]
学事歴の変更に伴う特定学年の人数増加について
今年、高校に進学した者です。

9月に学事歴を後ろ倒しにすることについては、教育格差の解消などの観点からも賛成ですが、城井先生の秋季入学において想定されるシナリオを拝見して1つ疑問に思ったことがありましたので質問させていただきます。
 シナリオ1、2、3を採用し、学事歴とともに学年区分も後倒しにした場合これから義務教育課程に入る生徒数がその学年だけ増えてしまうことになります。そうなってしまうと、その学年にかける教職員の方々の人数が増え、さらなる教育の現場における人手不足が予想されます。もし、よければ学事歴変更に伴う学年区分の扱いについてについて何か議論がなされていたら教えていただけると幸いです。
[ 2020/04/30 05:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ポスター設置のお願い
ポスター
画像をクリックするとポスターが拡大します。

ただ今きいたかしポスターを貼ってくださる方を募集中です。
北九州市門司区、小倉北区および小倉南区の方で、お願いできる方がいらっしゃいましたら、きいたかし後援会事務所(093-941-7767)までご一報いただければありがたいです。
QRコード
きいたかしブログはモバイルでもお読みいただけます。
QR
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -